トップページ > 広報誌・E!KANSAI > 平成26年 12月号 TOPICS

2014年度冬季の節電へのご協力のお願い
担当課室:電力事業課

最終更新日:平成26年12月1日

皆様への節電のご協力のお願い

 平成26年10月31日に開催された「電力需給に関する検討会合」において、政府における「2014年度冬季の電力需給対策について」が決定されました。

 2014年度冬季の電力需給は、厳寒となるリスクや直近の経済成長の伸び、企業や家庭における節電の定着を織り込んだ上で、いずれの電力管内でも電力の安定供給に最低限必要とされる予備率3%以上を確保出来る見通しですが、昨冬に引き続き、無理のない範囲で節電へのご協力をお願いいたします。

2015年2月の電力需給見通し
  東日本
3社
北海道 東北 東京 中部及び
西日本
中部 関西 北陸 中国 四国 九州 9電力 沖縄
供給力
(万kW)
7,511 620 1,516 5,375 8,925 2,530 2,612 559 1,135 527 1,562 16,436 176
最大電力需要
(万kW)
6,928 557 1,391 4,980 8,513 2,393 2,535 521 1,048 500 1,516 15,441 115
予備力
(供給・需要)
(万kW)
583 63 125 395 412 137 77 38 87 27 46 995 61
予備率 8.4% 11.4% 9.0% 7.9% 4.8% 5.7% 3.0% 7.2% 8.3% 5.5% 3.0% 6.4% 53.4%

2015年2月の電力需給見通しによると、関西の予備率は3.0%です。関西電力は、自社供給力の最大限活用に加えて他社融通により、予備率3.0%を確保しています。

節電協力要請期間・時間帯

 2014年12月1日(月)から2015年3月31日(火)までの平日の9:00から21:00までの時間帯に節電のご協力をお願いいたします(ただし、12月29日(月)から31日(水)まで及び1月2日(金)を除く)。

節電へのご協力をお願いします。無理の内範囲で節電しましょう。

詳細な節電メニューについては以下をご参照下さい

近畿管内における電力需給対策への取組について

節電・省エネキャンペーンの実施

 京都市・大阪市・神戸市において関西広域連合、地元自治体及び関西電力株式会社と協力して、節電協力要請期間初日2014年12月1日(月)に「節電街頭キャンペーン」を実施し、広く節電への呼びかけを行いました。

電力需給ひっ迫に備えた情報の発信

 各種対策にもかかわらず、電力需給のひっ迫が予想される場合には、「需給ひっ迫警報」を発出し、一層の節電への協力を要請します。

関連施策へのリンク

このページに関するお問い合わせ先

近畿経済産業局 資源エネルギー環境部 電力事業課
電話:06-6966-6046

他の記事を読む