トップページ > 広報誌・E!KANSAI > 2019年9・10月号 TOPICS

その輸出・技術提供は、軍事利用や、技術流出につながる恐れはありませんか?
「安全保障貿易管理説明会」、「大学等向け安全保障貿易管理説明会」、「技術流出防止管理説明会」のご案内
担当課室:通商部通商課

最終更新日:令和元年9月2日

グローバル化の進展や海外との流通形態の複雑化に伴い、高度な貨物や技術の管理の必要性がますます高まっています。

貨物や技術を海外に提供する際に軍事転用を防ぐための安全保障貿易管理と、企業の重要な資源である技術情報の管理についての説明会のご案内をします。

1.安全保障貿易管理について

(1)輸出(貨物もしくは技術の海外への提供)管理の必要性について

我が国をはじめとする主要国では、武器や軍事転用可能な貨物・技術が、我が国及び国際社会の安全性を脅かす国家やテロリスト等、懸念活動を行うおそれのある者に渡ることを防ぐため、国際的な枠組み(国際輸出管理レジーム)を作り、協調して輸出等の管理を行っています。

我が国においては、この安全保障の観点に立った貿易管理の取組が、「外国為替及び外国貿易法」に基づき実施されています。

仮に民生用途であっても、海外に、兵器などへの転用が可能である貨物の輸出や技術の提供を行う際には、法令に基づき、企業、大学・研究機関(以下、「大学等」)、個人等は、経済産業大臣の許可を取得することが必要です。

先進国の軍事転用が可能な高度な貨物や技術が、我が国の安全等を脅かすおそれのある者等に渡ることを防ぐイメージ図

安全保障貿易管理のイメージ図

画像の出典:安全保障貿易管理説明会資料

(2)企業等向け「安全保障貿易管理説明会」(大阪)開催のご案内

安全保障貿易管理の重要性や自主的な輸出管理体制整備のポイント等について、基礎的・基本的な重要事項を中心にご理解いただけるよう、企業等向けの「安全保障貿易管理説明会」を開催します。

(3) 「大学等向け安全保障貿易管理説明会」(大阪)開催のご案内

文部科学省と連携して、大学等を対象に、安全保障貿易管理に関する法律等規則の概要に加え、大学等における貿易管理の具体例等についてご紹介する説明会を開催します。あわせて、昨年度説明会でも好評だった個別相談会も予約制で実施します。

2.中小企業等の技術流出防止管理について

(1)技術情報管理の必要性について

企業の競争力の源泉である技術情報の価値がますます高まる中、グローバル化の進展や取引の多様化、技術を知りうる人材の国境を越えた流動化等を背景に、中小企業の皆様の情報流出の懸念も増大しています。

もし、企業秘密とすべき技術情報が流出して競合他社に利用された場合、企業の競争力は毀損され、当該技術の開発に見合った収益を得る事ができない事態となります。また、軍事転用可能な技術情報が海外に漏れた場合には、企業の信頼は失墜し、国家の安全保障さえも脅かされてしまいます。これらの懸念を未然に防ぐために技術情報の管理に対する取組が必要です。

部品メーカーA社が、部品供給先であるB社から、技術情報である金型の図面の提供を依頼されているイメージ図

技術情報流出のイメージ図

画像の出典:技術流出防止管理説明会資料

(2)「技術流出防止管理説明会」(大阪)開催とライブ配信のご案内

「安全保障貿易管理に係る入門編」、「秘密情報の漏洩対策等について」そして「技術情報の管理」の三本立てで、企業の皆様が取り組むべきポイントについて具体的に紹介する「技術流出防止管理説明会」を開催します。

また、東京近郊で開催予定の「技術流出防止管理説明会」をライブ配信でお届けします。企業内研修等としてご活用ください(※有線のインターネット接続が可能な会議室等のご準備が必要です)。

関連施策へのリンク

近畿経済産業局の安全保障貿易管理のページ

経済産業省本省の安全保障貿易管理のページ

令和元年度経済産業省委託事業「安全保障貿易管理対策事業(中小企業等アウトリーチ事業)」のページ

このページに関するお問い合わせ先

近畿経済産業局 通商部 通商課

電話:06-6966-6034

他の記事を読む