トップページ > 広報誌・E!KANSAI > 2022年1・2月号 企業・地域の取組紹介

2021年度緑化優良工場等表彰について
~2021年度緑化優良工場等表彰受賞工場のご紹介~
担当課室:産業振興室

最終更新日:令和4年1月4日

近畿経済産業局では、工場緑化への取組が優秀である工場を対象に、「緑化優良工場等近畿経済産業局長表彰」を実施しており、 2021年度は「京セラ株式会社 滋賀野洲工場」及び「株式会社村田製作所 八日市事業所」が受賞されました。
 今回は、受賞されたそれぞれの工場の緑化への取組を紹介します。

緑化優良工場等表彰制度(通称:全国みどりの工場大賞)

本表彰制度は、工場立地法の精神を踏まえ、工場緑化を積極的に推進し、工場内外の環境の向上に顕著な功績のあった工場等を表彰することにより、工場緑化の一層の推進を図ることを目的としています。

工場緑化の推進は、工場と周辺環境の良好な関係を築くことで、工場と地域環境、社会との調和を促進するとともに、工場敷地内の環境改善にもつながります。

表彰は、経済産業大臣表彰、経済産業局長表彰、(一財)日本緑化センター会長表彰があり、緑化等の状況に合わせて段階的に行われます。 経済産業大臣表彰及び(一財)日本緑化センター会長表彰は1982年度(昭和57年度)から、経済産業局長表彰は1983年度(昭和58年度)から実施しています。

全国みどりの工場大賞ロゴマーク

全国みどりの工場大賞ロゴマーク

京セラ株式会社 滋賀野洲工場

京セラ株式会社 滋賀野洲工場 表彰

工場緑化の方針

京セラ株式会社滋賀野洲工場は、2010年(平成22年)に太陽電池セルの生産を開始し、同社の経営思想である「社会との共生、世界との共生、自然との共生」をすべての企業活動の基本に置き、 豊かな調和を目指すとの考え方のもと、工場及び周辺立地環境を配慮した総合的な緑化計画を推進しつつ、様々な地球環境への対応活動を推進しています。

工場緑化の取組

工場敷地周辺部の外周道路沿いにはクスノキやケヤキを配置するとともに、定期的な整備を行うことで、工場と周辺地域との調和を図っています。
 また、工場中庭には、琵琶湖を模した約5000分の1規模のビオトープを設置しており、淡水魚の育成等を行うことにより、周辺地域の生態環境を再現しています。 現在は、滋賀県立琵琶湖博物館の主任学芸員からのアドバイスをもとに、希少種であるイチモンジタナゴ・ハリヨが生育可能な環境整備に取り組んでいます。
 さらに、滋賀県の木である「もみじ」の植栽に加え、直近では新たにキンカン、カキ、ビワ等の果樹を植林しており、同施設は生態系の保全や工場緑化に加え、社員の憩いの場所としても機能しています。

京セラ株式会社滋賀野洲工場

京セラ株式会社滋賀野洲工場

琵琶湖を模したビオトープ

琵琶湖を模したビオトープ

新たな課題への取組(環境配慮・地域への参加等)

生産施設屋上、正門屋上等に同工場で生産している太陽光発電設備を設置しており、1号ビルロビー前には、当該発電設備によって発電された電力で稼働する自動芝刈り機を配置しています。 また、定置型リチウムイオン蓄電池を活用した国内初となる再生可能エネルギー「自己託送」の実証実験を開始し、地域と連携した持続可能なスマートシティ、地産地消のエネルギーネットワークの構築に取り組んでいます。

同工場では、将来を担う子どもたちの環境意識の高揚と人間的成長を目的として、社員が講師として小学校へ赴き、太陽電池・蓄電池を題材とした「環境・エネルギー出前授業」を行っています。 また、工場を地域住民へ開放した夏祭りの開催や、地域清掃への協力など、地域と一体となった環境活動にも積極的に取り組んでいます。

株式会社村田製作所 八日市事業所

株式会社村田製作所 八日市事業所 表彰

工場緑化の方針

1962年(昭和37年)に操業を開始した株式会社村田製作所八日市事業所は、村田製作所グループの創業者が緑化に強い関心があったことから、 グループ内に制定している「ムラタの緑化方針」をもとに、事業活動と生物多様性の関わりを考え、生態系の保全や再生活動に力を入れ取り組んでいます。

工場緑化の取組

同事業所では、滋賀県の花である「しゃくなげ」を事業所のシンボルツリーとして、1989年(平成元年)から積極的に植栽しており、 現在190品種、900本のしゃくなげの開花を楽しむことができます。また、旧八日市市の木「アカマツ」や、東近江市の木「イロハモミジ」及び花「和種ムラサキ」の保護・育成にも取り組んでいます。

第1しゃくなげ園

第1しゃくなげ園

京都嵐山を模した竹林

京都嵐山を模した竹林

正門付近には「四季を五感で感じ取る」をコンセプトに3箇所のしゃくなげ園を設置しており、入り口から四季折々の樹木、花木のゾーン分けを行い植栽しています。 園内は案内板やベンチ、東屋等の休憩スペースを設置し、一般向けに見学コースを整備しています。また、第 1、2 しゃくなげ園の園路を舗装することで、車イスでも鑑賞出来るよう配慮を行っています。
 また、しゃくなげ園以外にも、社員からの意見をもとにエリア毎にコンセプトを設定し、適した樹木や果樹の植栽や芝生の整備を行っています。景勝地を模した緑地は、来客者や従業員を楽しませています。

新たな課題への取組(環境配慮・地域への参加等)

地域交流活動の一環として、毎年、しゃくなげの開花時期(4~5月)には「しゃくなげ鑑賞会」を開催しています。 しゃくなげの苗木販売や和種ムラサキのパネル展示等のイベントを開き、県内外からの約5,000名の来場者にシンボルツリー等の紹介を行っています。

また、同事業所では、循環型社会形成への取組として、緑化作業にて生じた剪定枝等をチップ化し、雑草抑制のために園路や緑地帯内への散布や、刈り取った雑草、落ち葉等の堆肥化といった活動を行っています。 また、工場内にある竹林の生育促進のため毎年冬に間引きを行ない、柵の設置や門松の製作等に活用しています。

2021年度(一財)日本緑化センター会長賞 受賞者

当局管内では、以下の工場・研究所が2021年度(一財)日本緑化センター会長賞を受賞しました。


・京セラ株式会社 京都綾部工場(京都府綾部市)

・ローム株式会社(京都府京都市)

・エスペック株式会社 神戸R&Dセンター(兵庫県神戸市)


※会長賞の詳細は一般財団法人日本緑化センターHPをご参照ください。

掲載関連情報

企業名
京セラ株式会社 滋賀野洲工場
所在地
滋賀県野洲市市三宅800番地
電話番号
077-587-8800

企業名
株式会社村田製作所 八日市事業所
所在地
滋賀県東近江市東沖野4丁目4番地1号
電話番号
0748-22-5500

関連施策へのリンク

緑化優良工場等表彰(全国みどりの工場大賞)(近畿経済産業局HP)

2021年度緑化優良工場等経済産業大臣表彰を行います(経済産業省HP)

一般財団法人日本緑化センターHP

このページに関するお問い合わせ先

近畿経済産業局 産業部 産業課 産業振興室

電話:06-6966-6021

他の記事を読む