トップページ > 広報誌・E!KANSAI > 2022年3・4月号 企業・地域の取組紹介

サーキュラーエコノミー(循環経済)への転換に向けて(第2回)
近畿地域のサーキュラーエコノミービジネスネットワーク構築事業 支援企業の紹介
担当課室:環境・リサイクル課

最終更新日:令和4年3月1日

近畿地域のサーキュラーエコノミー(CE)ビジネスネットワーク構築事業

近畿経済産業局では、今年度、特定非営利活動法人資源リサイクルシステムセンター等と連携して、廃棄物や再生可能な資源を活用したCE製品の開発・活用を促すネットワークを構築する事業を実施しています。
 CE製品の普及に向けた活発な資源循環がなされるモデルケースを創出するため、リサイクル企業等の実証事業を支援するとともに、展示会出展や普及セミナーでモデルケースの横展開を図ります。また、活発なCE製品の資源循環を目指した研究会を設置し、新たなビジネスモデルの検討等を行っています。
 前号に続き、本号では、「廃繊維」、「廃ガラス」、「廃プラスチック」の研究会で支援を行っている(株)チクマ、(株)浜田、(株)近江物産の3社を紹介します。

株式会社チクマ(ユニフォームリサイクルで、ゼロエミッションを実現)

大阪府にある(株)チクマは、ビジネスユニフォーム、スクールユニフォーム、婦人服の生地素材及び製品を取り扱う繊維専門商社です。
 同社は、1995年に環境推進室を開設し、販売すれば終わりではなく、ユニフォームの回収・リサイクルを行う『EARTHINK®・アーシンクリサイクルシステム』を稼働させ、使用済みユニフォームを再資源化するリサイクルシステムを確立しています。また、2014年からは、北九州市と国内初となる官民共同事業「古着回収リサイクル」を開始しました。チクマの他2社との共同出資で設立した株式会社エヌ・シー・エスは、不要となった一般衣料品やユニフォーム等をリサイクルし自動車の内装材として北部九州に立地する自動車メーカーに供給する「地域循環共生圏」型のリサイクル事業を推進しています。
 廃繊維研究会では、販売したユニフォームの回収率をアップさせる方法や、繊維リサイクル工場から出る廃棄物の用途開発等について検討を行っています。

株式会社チクマ EARTHINK® ロゴとマテリアルリサイクルの流れ

株式会社チクマ EARTHINK® ロゴとマテリアルリサイクルの流れ

株式会社浜田(環境ソリューションをトータルサポート)

大阪府にある(株)浜田は、産業廃棄物の分別処理を中心に、ゼロエミッションリサイクル、解体工事、各種処理装置の販売などを行う環境ソリューション企業です。
 同社は、新たな事業として、太陽光パネルを回収し、リユース、リサイクルする事業を展開しています。
 太陽光パネルは、2030年以降に製品寿命を迎えて大量に廃棄されると予想されており、その処理をどうするかが課題となっています。
 同社は、再利用できるパネルは中古品として販売し、廃棄となったパネルについてはホットナイフ技術によりガラスと封止材(EVA)等を分離して再資源化する技術を開発しました。
 廃ガラス研究会では、分離したガラスの新たな利用方法の検討等を行っています。

株式会社浜田 廃太陽光パネルの処理について

株式会社浜田 廃太陽光パネルの処理について

株式会社近江物産(プラスチックの高品位リサイクル)

滋賀県にある(株)近江物産は、車のバンパーや内装部材、物流用パレット等に使われる使用済みプラスチックをリサイクルし、自動車産業や住宅関連に提供している材料メーカーです。
 一般に、再生プラスチックはリサイクル前より物性が落ちますが、同社は「再生プラスチック=2級品」というイメージを払拭するため、徹底した品質管理のもと、生産量の90%は物性が落ちない、もしくは物性が向上する「高品位リサイクル」を実現しています。
 顧客企業の要求する物性に合わせた再生材を安定供給できるのが同社の強みとなっています。
 廃プラスチック研究会では、さらにプラスチックリサイクルを促進するため、新たな廃プラスチックの排出企業、再生プラスチック利用企業等の探索を行っています。

株式会社近江物産 廃プラスチックを再生プラスチックペレットへ

株式会社近江物産 廃プラスチックを再生プラスチックペレットへ

更なる回収、リサイクルの向上へ向けて

近畿地域のサーキュラーエコノミー(CE)ビジネスネットワーク構築事業で設けた、活発なCE製品の資源循環を目指した研究会に、これらの企業が参加しています。
 研究会では、新たなCEビジネスの検討を行うだけでなく、例えば、(1)販売するユニフォームにRFID (無線による自動認識技術)を付けることでトレーサビリティを高め、回収率を高められないか、(2)回収ルート、物流システムを、IoTセンサーやITを活用することで、回収の無駄を省き、回収効率を向上できないか等、デジタル技術の活用についても意見を出し合い、更なる資源循環の構築、地球環境への貢献を目指しています。

掲載関連情報

企業名
株式会社チクマ
所在地
大阪市中央区淡路町3丁目3番10号
電話番号
06-6222-3321

企業名
株式会社浜田
所在地
大阪府高槻市真上町2-2-30
電話番号
072-686-3500

企業名
株式会社近江物産
所在地
滋賀県栗東市大橋7丁目4番51号
電話番号
077-553-6193

このページに関するお問い合わせ先

近畿経済産業局 資源エネルギー環境部 環境・リサイクル課

電話:06-6966-6018

他の記事を読む