トップページ > 広報誌・E!KANSAI > 2022年9・10月号 企業・地域の取組紹介

第14回製品安全対策優良企業のご紹介(第5回)株式会社アシックス
「大企業 製造事業者・輸入事業者部門 優良賞(審査委員会賞)」を受賞
担当課室:製品安全室

最終更新日:令和4年9月1日

企業の製品安全対策意識の向上と製品安全に係る事業活動を応援するため、近畿地域(福井県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県)で、経済産業省の「製品安全対策優良企業表彰 (※)」を受賞された企業を紹介しています。
 今回は第14回表彰(2020年度)において、「大企業 製造事業者・輸入事業者部門 優良賞(審査委員会賞)」を受賞された株式会社アシックスの取組を紹介します。

(※)製品安全対策優良企業表彰(PSアワード)

 経済産業省が実施する製品安全の取組に対して特に積極的な活動を行っている民間企業を表彰することで、事業活動や消費生活において製品安全が重要であるとする「製品安全文化」を定着させることを目的として、2007年度より実施している制度です。
 審査にあたっては「安全な製品を製造・輸入(仕入・販売)するための取組」、「製品を安全に使用してもらうための取組」、「出荷後に安全上の問題が判明した際の取組」、「製品安全文化構築への取組」の4つの視点で評価が行われています。
 また、「特別賞」は、「製品の安全を確保・支援するための取組」、「製品安全文化構築への取組」の2つの視点から評価が行われています。

2020年度製品安全対策優良企業表彰受賞式(右側が、株式会社アシックス サステナビリティ統括部 安全品質保証部 部長 吉本 譲二 氏(当時))

2020年度製品安全対策優良企業表彰受賞式
(右側が、株式会社アシックス サステナビリティ統括部
安全品質保証部 部長 吉本 譲二 氏(当時))

製品安全対策優良企業のみ使用できるロゴマーク

製品安全対策優良企業のみ
使用できるロゴマーク

優れた取組紹介

重点化されたサイレントチェンジ対策と制限化学物質管理

シューズ製品の安全上の重要部分であるソールについては、材料工場に対し自社独自の配合を指定した上で生産工場へ一括供給させるとともに、ソールの材料段階、部品化された段階、最終製品に組み込まれた段階でサンプル抜き取りによる組成分析を行い、サイレントチェンジの防止を図っている。また、有害な制限化学物質に関するフットウェア・アパレルのグローバル基準のAFIRM RSLを社内基準化し、製品OEM工場や材料サプライヤーに遵守を求めるとともに、最終製品の抜き取り分析で混入等がないか自ら確認をすることで、サプライチェーンを通じた制限化学物質管理体制を構築している。

株式会社アシックス スポーツ工学研究所 でソール部材の組成分析を実施

株式会社アシックス スポーツ工学研究所で
ソール部材の組成分析を実施

グローバル基準のAFIRM GROUP RSLを社内制度に採用(2015年~)

グローバル基準のAFIRM GROUP RSLを社内制度に採用(2015年~)
AFIRM GROUP 制限物質リスト Version 7
2022年 日本語版

実使用条件を意識した製品開発

シューズの外底が滑ることによる重大事故を防止するため、実際の使用者の動作や路面状況を踏まえた、独自の厳しい耐滑性基準を設定している。また、経年劣化による安全性への影響を確認する高温・高湿状態での加速試験や、自社開発の人工足を使った屈曲耐久試験、モーションセンサーを活用した動作分析など、実使用条件を意識した様々な観点から製品の安全性の評価を行い、設計開発に役立てている。

モーションキャプチャーなどを活用したランニングの動作分析

モーションキャプチャーなどを活用した
ランニングの動作分析

シューズの屈曲耐久性評価

シューズの屈曲耐久性評価

製品安全文化構築に向けた品質情報展の継続開催

自社製品・サービスの品質に対する意識の向上、より良い製品・サービスの開発、ミスの再発防止を企図した品質情報展を2003年より継続的に開催している。制限化学物質のもたらす危険性や、過去のクレーム・リコール事例などについて学ぶ機会を設けることで、社内の製品安全に対する意識の向上を実現している。2020年からは、コロナ禍での新しい取組として、e-Learningを取り入れたオンラインでの品質情報展を行っている。

第25回 2019年 品質情報展(展示会形式)

第25回 2019年 品質情報展(展示会形式)

第26回 2020年 品質情報展

第26回 2020年 品質情報展
(e-Learning形式 ※イメージです)

株式会社アシックス様からのコメント

アシックスは、スポーツによる青少年の育成を通して社会の発展に貢献したいという創業者の思いから、戦後間もない1949年に生まれました。お客様に安全で快適な製品をご使用頂くために、「スポーツを通して、すべてのお客様に価値ある製品・サービスを提供する」を企業理念の一つとして掲げています。この度の製品安全に対する当社の取り組みの中で、サプライチェーン全体での制限化学物質管理が高く評価された事を非常に嬉しく思います。管理体制の構築は、社内のみならず社外のステークホルダーとの長期に渡る協働の賜物であり、結果として目に見える成果が現れ、価値ある製品づくりに繋がっていると考えております。今後もお客様に喜んで頂けるよう、さらに製品の安全・安心を高める活動に全社員で取り組んでまいります。

株式会社アシックス 本社

株式会社アシックス 本社

【消費者の皆さまへ】

弊社では、お客様から頂いた要望などの情報を宝の泉と呼び、新製品開発や次期製品の改良等に利用しています。お客様の不満・不平をほりおこせ、そこには宝の泉があるという、創業者のアイデアによって生まれた取り組みです。

株式会社アシックスの概要

株式会社アシックス
所在地
兵庫県神戸市中央区港島中町7丁目1番1
設 立
1949年
資本金
23,972百万円
代表者
代表取締役社長CEO 兼 COO 廣田 康人
従業員数
8,861名(2021年12月31日現在)[連結]
事業内容
各種スポーツ用品等の製造および販売

関連情報のリンク

経済産業省 製品安全対策優良企業表彰

「第14回製品安全対策優良企業表彰」受賞企業が決定しました

株式会社アシックス

このページに関するお問い合わせ先

近畿経済産業局 産業部 消費経済課 製品安全室

電話:06-6966-6098

他の記事を読む