知財支援施策資料、ガイドブック・マニュアル、事例集

最終更新日:平成29年9月15日

知財支援施策資料

知財支援施策集(平成29年9月)

特許庁及び近畿経済産業局が実施する中小・ベンチャー企業の皆様に活用いただきたい知財関連の支援策をまとめた説明資料です。

◇活用していただきたい知財支援施策集New

 

知財戦略支援策ガイド (平成28年8月) 

近畿地域で活用できる知財関連のさまざまな支援策がこの一冊でわかります!

◇知財戦略支援策ガイド

 

ガイドブック・マニュアル

先使用権制度事例集「先使用権制度の円滑な活用に向けて―戦略的なノウハウ管理のために―」
(第2版:平成28年5月)

 先使用権制度の明確化と先使用権の立証手段の具体化を図り、先使用権制度が円滑に活用されることを目的に、法曹界、学界、産業界等からの有識者による委員会を構成し、委員会での議論の結果を踏まえて、特許庁が初版事例集を作成し公表しました。
 また、初版事例集の公表から様々な状況の変化が生じているところ、企業が円滑に先使用権制度を活用できる状況を引き続き確保するために、初版事例集の改訂を行い第2版として公表しました。

◆特許庁ホームページ → 
先使用権制度事例集「先使用権制度の円滑な活用に向けて—戦略的なノウハウ管理のために—(第2版)」

 

グローバル知的財産・標準化戦略に関するケース教材(PDF形式)(平成28年4月)

知的財産を経営戦略に活用できる人材の育成を目的とした教材です。

※ これらの教材は「グローバル知財マネジメント人材育成推進事業(平成26~28年)」において開発しているものです。著作権は特許庁に帰属しており、無断での複製・配布は禁止します。教材の利用を希望する方は、「利用申込書」の提出が必要となります。

◆特許庁ホームページ → 「グローバル知的財産・標準化戦略に関するケース教材」

 

公的試験研究機関知的財産管理活用ガイドブック
-公設試における知的財産管理活用の手引き-(PDF形式)(平成28年3月)

 公的試験研究機関の知的財産管理の事例を紹介し、知的財産活動に携わる人が規定類の見直し・改訂等を行う際に役立つ情報が収録されています。

◆特許庁ホームページ → 「公的試験研究機関知的財産管理活用ガイドブック-公設試における知的財産管理活用の手引き-」

 

かんたん商標出願講座(動画)(平成28年2月)

  「かんたん商標出願講座」は、商標登録出願に関する手続方法について、「出願書類の書き方」をメインに「商標とは何か?」や「先願調査方法」や「新しいタイプの商標について」などを動画を取り入れ解りやすく解説したもので、商標登録出願時にご利用ください。

◆INPITホームページ →「かんたん商標出願講座(動画)」

 

中小企業向け海外知財訴訟リスク対策マニュアル(平成27年3月) 

 中小企業の海外進出が増えている中で、海外において知財に絡む係争に巻き込まれるケースも増えております。
そのため現在海外展開を検討している、もしくは、準備を進めようとしている中小企業の皆さまに、知的財産にまつわる「リスクに自ら気づき」、「必要な予防」のヒントをとりあげたマニュアルを作成しました。

◆特許庁ホームページ → 「中小企業向け海外知財訴訟リスク対策マニュアル」

 

“バイオサイエンス”を事業にするビジネスプラン策定のポイント(平成27年2月) 

 近畿経済産業局は、創薬、創薬支援、再生医療、機能性食品等の「バイオサイエンス分野」において、ビジネスプラン(事業戦略)策定のために役立つ情報を手引き書としてとりまとめました。
 大学の研究シーズの事業化や、中小・ベンチャー企業がバイオサイエンス分野で事業を行う上で、ビジネスプランの策定は非常に重要です。
 この度、ビジネスプランを策定する際のポイントを『知財面』、『法務面』、『事業面』から、わかりやすくとりまとめました。
 大学研究者やものづくり中小・ベンチャー企業、さらには、それをサポートする支援者に活用いただくことを狙いとしています。

“バイオサイエンス”を事業にするビジネスプラン策定のポイント

 

中国知的財産戦略ガイドブック「ブランドを活かす、守る 中国ビジネスガイドブック-中国商標法改正のポイント-」(平成27年2月) 

 近畿経済産業局は、中小企業の中国における円滑な海外展開に向けた知財戦略を支援するため、「ブランドを活かす、守る 中国ビジネスガイドブック-中国商標法改正のポイント-」を発行しました。
 本冊子は、2014年5月1日に施行された中国の改正商標法のうち、中小企業にとって影響の大きい観点(業務提携関係にある第三者の先取り防止規定等)を分析し、その編集を行い、中小企業の円滑な中国への海外展開を知財面から支援する内容となっています。

中国知的財産戦略ガイドブック「ブランドを活かす、守る 中国ビジネスガイドブック-中国商標法改正のポイント-」

 

「展示会の落とし穴 知的財産の流出リスクとその対策」(平成26年3月) 

 近畿経済産業局は、中小企業の円滑な海外展開を支援するため、「海外ビジネスに向けた展示会出展の事前準備ガイドブック『展示会の落とし穴-知的財産の流出リスクとその対策-』」を発行しました。
 本冊子は、意外と知られていない展示会出展時の知財流出や模倣被害につながる“10のポイント”を、イラストを用いて解説した全国でも初めての冊子です。展示会の準備段階から、出展時に起きうるリスクについて、具体的に対策を検討できる画期的な内容となっています。

海外ビジネスに向けた展示会出展の事前準備ガイドブック「展示会の落とし穴-知的財産の流出リスクとその対策-」

 

「知的財産経営プランニングブック」(平成23年3月)

 知的財産経営の「定着モデル」を紹介し、知的財産経営の観点からの中小企業支援の進め方について説明するとともに、企業経営において知的財産を有効に活用している企業の事例を多数紹介しています。

◆特許庁ホームページ →「中小企業支援知的財産経営プランニングブック」

 

「知的財産活用マニュアル ~経営戦略に知的財産を取り入れよう~」(平成23年2月)

 近畿経済産業局では、平成21~22年度の期間、より地域に密着し地元ニーズを反映した知財支援を行うべく、東大阪市を支援対象地域として、知財活用の実態調査、相談窓口の設置、知財専門家派遣等を実施しました。
 このマニュアルは、2年間の事業を通じて浮き彫りとなった、東大阪市内の中小製造業者特有の経営課題や、目指す事業イメージをベースに知的財産による解決手段をまとめたものです。

「知的財産活用マニュアル ~経営戦略に知的財産を取り入れよう~」

 

知っておきたい特許契約の基礎知識(平成22年9月)

 中小企業のために作られた、特許契約に関する基礎的な手引き書です。技術移転の流れの説明、特許契約に関する基礎知識の解説の他、各種契約書の作成要領や見本も掲載しています。

◆INPITホームページ →「知っておきたい特許契約の基礎知識」

 

「ココがポイント!知財戦略コンサルティング ~中小企業経営に役立つ10の視点~」(平成21年3月)

 知財戦略コンサルティングに取り組もうとする支援人材のために、知財戦略コンサルティングに求められる基本的な視点や課題解決のためのアイデア等を取りまとめました。

◆特許庁ホームページ →「ココがポイント!知財戦略コンサルティング ~中小企業経営に役立つ10の視点~」

 

「中小・ベンチャー企業 知的財産戦略マニュアル」(平成20年4月)

 技術を重視した経営戦略を行うR&D型中小企業の経営者・担当者や中小企業支援者向け のマニュアルです。「なぜ知財経営が必要なのか」を事例を盛り込んで説明し、「知財経営」を行う際に必要となる基礎知識をQ&A方式で解説しています。

◆特許庁ホームページ →
「中小・ベンチャー企業知的財産戦略マニュアルについて~はじめてみよう!知財経営~」
「中小・ベンチャー企業知的財産戦略マニュアル2006について」

 

「ものづくり中小企業のための 意匠権活用マニュアル」(平成20年4月)

 製品デザインの保護=意匠権の活用について中小企業の取り組み事例やアンケート調査結果等を盛り込んだものづくり中小企業のためのガイドブックです。

◆特許庁ホームページ →「~地域中小企業の取組事例が導く~ものづくり中小企業のための意匠権活用マニュアル」

 

「戦略的な知的財産管理に向けて-技術経営力を高めるために-<知財戦略事例集>」(平成19年4月)

 各企業が自社に最適な知的財産戦略を構築し、それを具体的に実行するにあたり考慮すべき観点や留意点を示すことを目的とした事例集です。国内外企業150社(欧米企業20社を含む)へのヒアリングから得られた約600の事例(うち約100は失敗事例)を掲載しています。

◆特許庁ホームページ →「戦略的な知的財産管理に向けて-技術経営力を高めるために-<知財戦略事例集>」 

 

「中小企業のための知的資産経営マニュアル」(平成19年3月)

(独)中小企業基盤整備機構では、中小企業の成長・発展の原動力(価値の源泉)である「知的資産」を明確に認識し、それらを意識的に活用していくことで持続的な成長を目指す「知的資産経営」についてのマニュアルを取りまとめました。
※「知的資産」とは、企業等の競争力の源泉としての、人材、技術、技能、組織力、顧客とのネットワークなど、財務諸表には現れてこない無形資産の総称を指します。

◆中小機構ホームページ →「中小企業のための知的資産経営マニュアル」 

 

知財活用企業事例集

知的財産権活用企業事例集2016~知恵と知財でがんばる中小企業78~(平成28年4月)

 特許庁では、知的財産を積極的に活用する中小企業・小規模事業者の具体的な取組として、新たな78事例を紹介した「知的財産権活用企業事例集2016」を刊行しました。
 本事例集は、参考となる先進的な事例を分野別に整理し、知財キーワードごとにインデックスを付け、ニーズに合った事例を検索しやすいように工夫しています。経営者や知的財産関係者に活用いただき、新たな取組に挑戦する際のヒントとして、我が国の中小企業・小規模事業者の更なる飛躍につながれば幸いです。

◆特許庁ホームページ →
「知的財産権活用企業事例集2016~知恵と知財でがんばる中小企業78~」
「知的財産権活用企業事例集2014~知恵と知財でがんばる中小企業~」 
「がんばろう日本!知的財産権活用企業事例集2012~知恵と知財でがんばる中小企業50の物語【第2弾】~」
「がんばろう日本!知的財産権活用企業事例集2011~知恵と知財でがんばる中小企業50の物語~ 《第1弾》」

 

地域団体商標事例集2016について(平成28年3月) 

 特許庁は、地域ブランドの保護・振興のため平成18年4月に導入した「地域団体商標制度」の、一層の普及と活用を促進するため、平成27年12月31日までに登録された地域団体商標587件の権利者情報・紹介写真及び活用事例等を掲載した、「地域団体商標事例集2016」を作成しました。

◆特許庁ホームページ → 「地域団体商標事例集2016について」

 

なるほど、日本の素敵な製品 ~デザイン戦略と知的財産権の事例集-2~ (平成24年8月)

 特許庁では、デザインを活用している企業の知財担当者、デザイン担当者等にヒアリング調査を実施し、結果を取りまとめた事例集の第一弾「なるほど、日本の素敵な製品 デザイン戦略と知的財産権の事例集-1」を2011年12月に発行いたしました。
 発行後、多くの反響をいただき、このたび、続編「なるほど、日本の素敵な製品 デザイン戦略と知的財産権の事例集-2」を発行いたしました。第一弾と同様に新製品開発プロセスと産業財産権の出願プロセスを時系列で追跡し、企業の事業戦略、企業活動の視点から見た知的財産戦略を分かりやすくビジュアル化しています。意匠権を中心とした産業財産権の活用戦略を検討する際の参考として御活用ください。

◆特許庁ホームページ →
「なるほど、日本の素敵な製品 ~デザイン戦略と知的財産権の事例集-2~」
「なるほど、日本の素敵な製品  デザイン戦略と知的財産権の事例集」の発行について

 

知財とうまくつきあうコツ!~伸びる会社はココが違う!知財体制と管理のヒント集 in KANSAI~(平成24年3月)

 近畿経済産業局特許室では、積極的に知財を活用している関西の中小企業の30事例をとりまとめた「知財とうまくつきあうコツ! ~伸びる会社はココが違う!知財体制と管理のヒント集 in KANSAI~」を発刊いたしました。
 「知財は難しいもの」、「中小企業には関係ないもの」と考えておられる中小企業の皆様、本事例集にご登場いただきました、様々な規模・業種の中小企業の多様な体制の在り方・工夫等から、何らかのヒントを得ていただければ幸いです。

知財とうまくつきあうコツ!~伸びる会社はココが違う!知財体制と管理のヒント集 in KANSAI~

 

特許活用企業事例集 Vol.3 (平成21年2月)

 全国の中堅・中小企業等の中から経営戦略に産業財産権を位置づけて積極的に活用している企業を紹介する特許活用企業事例集です。全国から93社(うち近畿地域から14社)の事例を掲載しています。

◆特許庁ホームページ →「産業財産権活用企業事例集について」

 

「知財で元気な企業2007」(平成19年4月)

 特許権、ノウハウ、意匠権、商標権等の知的財産権を戦略的に活用している企業の先進的な取組みについてわかりやすく紹介する事例集です。中小企業の例を中心として具体的な知的財産の活用事例(事業展開の中でいかに知的財産を活用したか)を紹介しています。

◆特許庁ホームページ →「「知財で元気な企業2007」の取りまとめについて」

 

近畿地域の知財関連情報(調査レポート)

平成20年「近畿地域知財戦略支援人材育成事業」報告書 ~中国知財ビジネス支援人材の育成~(平成20年)

 近畿経済産業局では、「知財戦略支援人材の育成」と「中小企業の知財戦略支援」を目的として、中国における模倣品対策とライセンス契約をテーマに、若手弁護士・弁理士等支援人材向けのスキルアップ研修、中小企業向け訪問指導、中国ビジネス知財戦略セミナー及び個別相談会を実施し、各事業の実施内容を報告書として取りまとめました。
 支援人材及び模倣品問題に悩んでおられる中小企業の皆様向けに、中小企業向け訪問指導(6件)の概要も添付しました。

平成20年度「近畿地域知財戦略支援人材育成事業」報告書~中国知財ビジネス支援人材の育成~

 

海外模倣品対策、知財戦略構築支援に関する調査 ~中国ビジネス 知財を”守って儲ける”には~(平成19年)

 中小企業が中国でビジネスを展開する際に知的財産の「保護」「活用」への対応は重要な課題です。近畿経済産業局では、(1)「知財を“守る”ための模倣品対策モデル調査」、(2)「知財で“儲ける”ための知財戦略構築支援調査」を行い、それぞれの調査について報告書をとりまとめました。

海外模倣品対策、知財戦略構築支援に関する調査 ~中国ビジネス 知財を”守って儲ける”には~

 

このページに関するお問い合わせ先

近畿経済産業局 地域経済部 産業技術課 知的財産室
住所:〒540-8535 大阪市中央区大手前1-5-44
電話番号:06-6966-6016
FAX番号:06-6966-6064
メールアドレス:kin-chizaihonbu@meti.go.jpメールリンク