トップページ > 施策のご案内 > 海外展開支援 > 令和元年度「アジア地域における中小企業のSDGsビジネス展開のあり方」調査事業 報告書

令和元年度「アジア地域における中小企業のSDGsビジネス展開のあり方」調査事業 報告書

最終更新日:令和2年5月11日

SDGsは国際的な目標であり、政府が設置する持続可能な開発目標(SDGs)推進本部が策定した実施指針に基づくアクションプランの実行が進み、民間セクターでもSDGsを冠した行事が多数開催されるなど、SDGsに関心を持つ企業が増加しています。企業がSDGs貢献取組への関心をさらに高め、社会課題解決と自社事業の成長の両立を目指すためには、企業の事業活動にどのようにSDGsの視点を取り入れるか、特に海外展開を行う企業について、海外においてどのような事項に留意して事業活動を行うことで、SDGsビジネスを推進できるかを示すことが重要です。
近畿経済産業局では、急速な経済発展に伴って社会・環境問題が顕在化しているアジア地域へ既に進出している、もしくは今後進出を検討している企業を対象に、中小企業のSDGsビジネスの推進に向けた現状と課題を把握し、中小企業の海外事業をSDGsに掲げられた社会課題解決に結びつける方策について調査を行い、SDGsの視点に立った中小企業の海外展開支援のあり方を検討しましたので、報告書を公表します。

報告書

令和元年度「アジア地域における中小企業のSDGsビジネス展開のあり方」調査事業 報告書(PDF形式)

SDGsビジネスナビゲーション

自社事業にSDGs視点を取り入れるための企業向けの自己診断用のツールとして、既にアジア地域に進出している中堅・中小企業を対象としたSDGsビジネスナビゲーションを作成いたしました。

SDGsビジネスナビゲーション(PDF形式)

このページに関するお問い合わせ先

近畿経済産業局 通商部 国際事業課 
住所:〒540-8535 大阪市中央区大手前1-5-44
電話番号:06-6966-6032
FAX番号:06-6966-6087
メールアドレス:kin-kjn2@meti.go.jpメールリンク メールソフトが起動します