トップページ > 施策のご案内 > 万博・SDGs > 万博活用戦略/拡張万博 >「万博×地域コンテンツ自慢大会」を開催します

「万博×地域コンテンツ自慢大会」を開催します

最終更新日:令和6年7月1日


近畿経済産業局は、総務省近畿総合通信局との共催により「万博×地域コンテンツ自慢大会」を開催します。
本セミナーでは、2025年に開催される「大阪・関西万博」と地域情報の発信をテーマに有識者からご講演いただくとともに、万博を活用した地域コンテンツ発信プランのプレゼンテーションを地方自治体等から行っていただき、その内容について有識者と議論することで、地域の情報発信力を高め、万博活用を見据える地域の参考としていただきます。

報道発表

概要

1.日時

令和6年8月1日(木) 14:00~17:00

2.開催場所

ミーティングスペースAP 大阪茶屋町 ROOM H+I
(大阪市北区茶屋町1-27 ABC-MART梅田ビル 8階)

3.主催等

主催:総務省近畿総合通信局、経済産業省近畿経済産業局、近畿情報通信協議会

後援:公益社団法人2025年日本国際博覧会協会

4.定員

50名(定員になり次第締切)

5.参加費

無料

プログラム

第一部 Inputセッション:万博と地域情報の発信

(1)「万博と地域連携の期待」(30分)
  講演者:公益社団法人2025年日本国際博覧会協会
       広報・プロモーション局 地域・観光部 地域連携課
       参事 瀬戸口 強一 氏

(2)「大阪・関西万博において活用される多言語翻訳技術について」(10分)
  <オンライン>
  講演者:総務省 国際戦略局 技術政策課 研究推進室

(3)「万博を契機とした地域の魅力発信、インバウンド旅行者最新動向」(30分)
  講師:WAmazing株式会社 代表取締役 CEO 加藤 史子 氏

             ~~休憩(10分)~~

第二部 Pitchセッション:万博×地域コンテンツ自慢大会(75分)

 万博を活用した地域コンテンツ発信プランのプレゼンテーション及び観光・地域活性化・情報発信の有識者によるディスカッションを行います。

 登壇者:けいはんな万博2025運営協議会(けいはんな学研都市)
      八尾市、三木市 ほか (全5団体で調整中)

第三部:交流会

 参加者による交流会(名刺交換会)

※その他、詳細は「万博×地域コンテンツ自慢大会のチラシ」から

申込方法

以下の宛先、記載事項をご確認の上、メールにてお申込みください。
後日、「お知らせメール」により申込結果をお知らせします。

(1)申込先メールアドレス:renkei-kikakukinki/atmark/soumu.go.jp
(送信の際には、「/atmark/」 を「@」に変更してください。)

(2)申込記載事項

件名  「地域コンテンツ流通促進講習会参加申込み」
本文  参加者の氏名、メールアドレス、電話番号
(会社(団体)所属の場合は、参加者の会社(団体)名・部署名も記載下さい。)

(3)申込み期限:令和6年7月25日(木)17時まで

※取得した個人情報については、今回の講習会の参加に関する手続きのほか、今後のコンテンツに関するセミナー等のお知らせのみに使用し、第三者に開示・提供・預託することはありません。

このページに関するお問い合わせ先

近畿経済産業局 総務企画部 2025NEXT関西企画室
住所:〒540-8535 大阪市中央区大手前1-5-44
電話番号:06-6966-6003
FAX番号:06-6966-6073
メールアドレス:bzl-kin-kansaikikaku@meti.go.jp