トップページ > 施策のご案内 > 2025NEXT関西企画 > 2025NEXT関西企画室 万博活用地域活性化戦略(万博活用戦略)

2025NEXT関西企画室 万博活用地域活性化戦略(万博活用戦略)

最終更新日:令和3年2月15日

2025NEXT関西企画室拡張万博構想イメージ

大阪・関西万博ロゴマーク

近畿経済産業局は「TEAM EXPO 2025」プログラム/共創パートナーとして博覧会協会と連携して活動を展開します
~万博開催のパワーを活用したムーブメントの醸成~

令和2年11月、近畿経済産業局は、(公社)2025 年日本国際博覧会協会(以下、「博覧会協会」)が実施する「TEAM EXPO 2025」プログラム/共創パートナーとして登録をしました。

2025年日本国際博覧会(大阪・関西万博)

2025年には大阪・関西で国際博覧会(万博)の開催が予定されています。
万博は国際博覧会条約に基づく国家事業で、我が国では経済産業省が担当しており、2019年にはその準備や運営を担う2025年日本国際博覧会協会が設立されています。

万博活用地域活性化戦略(万博活用戦略)

万博は2025年に大阪市の夢洲地区で開催されますが、開催年のみならず、また、会場内だけではなく関西全体で、このパワーをフルに活用し経済・産業の飛躍に向けたアクションを推進していく必要があります。

そのための関西での未来に向けた検討には、(1)SDGsとSociety5.0をコアとしたテーマの広がり、(2)関西一円、さらにはそれを超えた空間的広がり、(3)2025年以降のレガシーを見据えた今後5年間を思う時間的広がりの3軸が重要です。

そこで、近畿経済産業局では3軸の概念を踏まえ、いわば万博の概念を拡張し、その開催パワーを活用することで様々に関西全体を活性化する活動として、「万博活用地域活性化戦略(万博活用戦略)」に基づく活動を展開します。

具体的には、万博開催のパワーを活用したイノベーションの創出と加速化を進める「未来イノベーション創出プロジェクト」、地域のブランド化・誘客など万博開催パワーを活用した地域の振興を志向した「地域万博活用プロジェクト」を中心に進めていきます。


未来イノベーション創出プロジェクト~万博のパワーを活用し 関西に未来を引き寄せる~

万博開催のパワーを活用したイノベーションの創出と加速化

未来イノベーション創出プロジェクト資料イメージ

企業事例集:ベンチャー×万博(PLL)

ベンチャーアイコン 

本事業では、PLL提案事業※1)にご提案いただいており、関西ベンチャー企業リスト※2)に掲載されているベンチャー企業を訪問・ヒアリングし、関西におけるイノベーションの可能性を秘めた事業・提案を取りまとめています。

注:
1)PLL提案事業
日本国際博覧会協会が、2025年万博会場等で実証・実装したい「未来社会」のアイデアを幅広く募集しているもの
(参考:公益社団法人2025年日本国際博覧会協会
2)関西ベンチャー企業リスト
関西ベンチャーサポーターズ会議メンバー・オブザーバ等の協力を得て、関西で活躍するベンチャー企業1219社(令和2年10月21日現在)の情報を取りまとめたリスト
(参考:「関西ベンチャー企業リスト」の公表

※事例集をご覧になる方は、下記アイコンをクリックしてください
vol.1 vol.2

出前講演:万博と未来ビジネス

出前講演

本事業では、企業や団体等の集まり(※要件についてはお問い合わせください)において、お求めに応じて当局職員が出向き、ご説明(講演)させていただいています。テーマとしては、「万博の可能性や活用方法及び新発想ビジネス等について」等をご説明しています。
矢印これまでの実績
矢印概要と申し込み方法・留意点について

未来ゼミ:万博と未来ビジネス

未来ゼミ

本事業では、学校や大学、研究室などからのお求めに応じ、主に学生を対象に、万博の可能性や活用方法及び0から1を生み出す発想等についてグループワーク形式のゼミを行っています。
矢印これまでの実績
矢印概要と申し込み方法・留意点について

若者ネットワーク

若者ネットワーク

本事業では、学生プロジェクト間の連携や繋がり等の支援(ネットワーク)や学生による新規プロジェクトメイクを支援しています。
矢印これまでの実績

【NEW!】VR/AR新ビジネス・サイバー拡張万博検討等

VR/AR新ビジネス・サイバー万博検討等

本事業では、VR/AR等の最新技術を用いた、次世代の展示商談機能や新ビジネスの可能性等について検討しています。
■2020年12月17日 「楽しみの近未来VR/AR展示商談ビジネス研究 オンラインOPENワークショップ-未来のビジネスモデルの検討と知財権処理の検証!-」(終了)
矢印 案内ページはこちら(イベントは終了しました)
■2020年12月17日 「楽しみの近未来VR/AR空間研究」研究交流会(終了)



地域万博活用プロジェクト~万博のパワーを活用し 人々を「自地域」へ引きつける~

地域のブランド化・誘客など万博開催パワーを活用した地域の振興

万博活用プロジェクト資料イメージ

【NEW!】府県別自治体等向け万博活用セミナー

自治体向等向けセミナー

本事業では、日本国際博覧会協会と共催し、地域における万博への理解促進と、その活用を促すセミナーを開催しています。
今後、大阪府を除く近畿経済産業局管内の府県(福井県、滋賀県、京都府、兵庫県、奈良県、和歌山県)ごとに実施する予定です。

主催:近畿経済産業局 2025NEXT関西企画室
共催:(公社)2025年日本国際博覧会協会

  ■2020年12月22日 兵庫県万博活用セミナー(終了)
  ■2021年1月19日   奈良県万博活用セミナー(南都経済研究所「地方創生SDGs勉強会」の一環として実施)(終了)
  ■2021年1月25日   滋賀県万博活用セミナー(終了)
  ■2021年2月2日     京都府万博活用セミナー(終了)
  ■2021年3月5日   和歌山県万博活用セミナー
  ■2021年3月23日   福井県万博活用セミナー

活用イメージ

活用イメージ

自地域への誘客
2025年の大阪・関西万博には外国人350万人を含む2800万人の来場が予想されます。このような人々を、万博会場のみならず関西各地・日本各地に案内・誘客し、地域毎のブランドやイベント良さを感じていただき、世界に地域をアピールできるチャンスです。

万博シンクロ(同時開催・連携開催・勝手開催等)のススメ
万博と同時に、或いは関連して開催する自主的な勝手事業は、平時の開催に比べ、国内外への発信力が大きく違います。万博のパワーを活用した「勝手イベント」で効率的な地域振興が可能ではないでしょうか。

地域ブランドと地域産業の世界展開
世界各地から様々なビジネスパーソンが関西に注目し来日する万博の機会に、地域のブランドを確立し、プロダクトの高級ブランド化を図り、海外から来訪される多くの方々にアピールし、世界への展開を図ってはどうでしょう。

近畿経済産業局と共に考えましょう
そのためには、地域の特徴を掴んだ戦略の検討が必要です。地域の外からの気づきも含め当局と共に地域における万博の活用方法を検討いたしましょう。

参考情報

近畿経済産業局の誘致までの活動はこちら

関係機関

このページに関するお問い合わせ先

近畿経済産業局 総務企画部 2025NEXT関西企画室
住所:〒540-8535 大阪市中央区大手前1-5-44
電話番号:06-6966-6003
FAX番号:06-6966-6073
メールアドレス:kin-kansaikikaku@meti.go.jp