トップページ > 施策のご案内 > 産業人材 > 雇用安定に向けた連携について

近畿経済産業局 コロナ禍における雇用安定に向けた連携について

最終更新日:令和3年2月17日

 

 新型コロナウイルス感染症の影響により事業環境が変化し、雇用情勢は弱い動きとなっています。

 このような中、近畿経済産業局は、管内の労働局 ハローワーク、産業雇用安定センター、府県と連携することで、近畿地域の雇用安定につながる取組を推進しています。

1.雇用安定のための連携スキーム(管内の労働局 ハローワーク、産業雇用安定センターとの連携)

 近畿経済産業局では、当局が有する企業情報及び各労働局 ハローワークが有する人材マッチング力、産業雇用安定センターの在籍型出向の支援と連携し、近畿地域における雇用安定に向けた取組をオール関西で推進しています。

       

  雇用安定のための連携スキーム
雇用安定のための連携スキーム

2.「雇用シェアリング」や「早期再就職支援」の推進(府県との連携)

 近畿地域の府・県において、新型コロナウイルス感染症の影響で、一時的に雇用の維持が難しくなった企業の人材と、人手不足の求人企業を短期的な雇用のシェアリングにより結びつける取組や、休業者や離職を余儀なくされた方への早期再就職支援の取組がスタートしています。

  • 福井県では、「福井県雇用シェア促進協議会」を設置し、労働力過剰企業と人手不足企業との間における出向等のマッチングを促進しています。
  • 京都府では、「従業員を休業させるなど、雇用の維持に不安を抱える企業」と「人手不足で一時的にでも人材を受入れたい企業」の短期的な雇用のシェアリングを支援するモデル事業を実施しています。
  • 大阪府では、経営悪化等による休業者や、離職により生活面に影響が出ている方などに対し、カウンセリングや職場体験等を通じた早期の再就職支援を実施しています。
  • 兵庫県では、「一時的に従業員の人手余剰となっている産業」から「深刻な人手不足に直面している産業」への人材の移動を狙って、短期的な人材を求める事業主からの求人情報を掲載するウェブサイトを立ち上げています。

 近畿経済産業局では、これら自治体の取組を推進することにより地域の雇用安定につなげるため、人材を送り出したい企業、人材を受け入れたい、採用したい企業のニーズを把握する意向確認アンケートを実施しました。京都府・大阪府・兵庫県への情報提供に同意いただける場合、企業から回答いただいた内容を京都府・大阪府・兵庫県に提供し、府・県の施策の推進に活用いただくことで、それぞれの自治体の雇用シェアリングの取組、早期再就職支援の取組を後押ししています。

       

  全体
全体図

 

近畿経済産業局の取組 雇用安定に向けた意向確認アンケート調査

 近畿地域の地域未来牽引企業等のうち、採用に意欲的な企業や設備投資に積極的な企業等を対象に、人材を送り出したい企業と人材を受け入れたい、採用したい企業のニーズを把握するため、雇用安定に向けた意向確認調査をWeb上で実施いたしました。

 ご協力くださいました皆様、ありがとうございました。

  

京都府の取組「【短期】雇用シェアリングモデル事業」

 京都府は新型コロナウイルス感染症拡大の影響で、「従業員を休業させるなど、雇用の維持に不安を抱える企業」と「人手不足で一時的にでも人材を受入れたい企業」の短期的な雇用のシェアリングを支援するモデル事業を、オール京都体制で開始しています。従業員の生活を守るため、元の企業に在籍のまま、兼業・副業・出向などの制度を活用し、一定期間、他の企業で働き、期間満了後は元の企業に戻るという、短期の“助け合い”の仕組みです。

       

【短期】雇用シェアリングモデル事業
【短期】雇用シェアリングモデル事業(出典:京都府チラシ)

京都府では【短期】雇用シェアリング事業とは別に、良質な正規雇用による人材確保チャレンジ事業 を実施しています。近畿経済産業局が実施するアンケートでは、この事業で募集対象となっている高度人材求人([1]平均労働時間数が160時間以内/月、かつ、[2]平均出勤日数が19日以内/月、かつ、[3]平均所定内給与額が257,600円以上/月))の有無についても、お伺いしています。

 

大阪府の取組「休業者や離職を余儀なくされた方への早期再就職支援」

 コロナ禍により経済活動が停滞し、企業の倒産や廃業などによる失業者が増加傾向にあり、長期にわたる失業期間を生み出さないよう、早期の就職支援が必要です。大阪府では、これまでの官民一体となった早期就職支援の取組みに加えて、(1)民間人材サービス会社と連携した緊急雇用対策と(2)休業者等への早期再就職支援を実施しています。

 (2)休業者等への早期再就職支援では、経営悪化等による休業者や、離職により生活面に影響が出ている方などに対し、カウンセリングや職場体験等を通じた早期の再就職支援を実施しています。

       

大阪府
休業者や離職を余儀なくされた方への早期再就職支援 (出典:大阪府資料)

大阪府では、「休業者や離職を余儀なくされた方への早期再就職支援 」とは別に、OSAKAしごとフィールド中小企業人材支援センターが開発した企業の人材に関する課題を可視化する「企業診断」ツールの利用を促進しています。企業診断を希望される方はこちら(OSAKAしごとフィールド 中小企業人材支援センター)からご利用いただけます。

 

兵庫県の取組「ひょうごワークシェアサイト」

 新型コロナウイルス感染症の影響により、観光や飲食などで、一時的に従業員の人手余剰となっている産業がある一方、福祉や農業などの産業では、深刻な人手不足に直面しています。このため、兵庫県では、短期的に働きたい希望を持つ方々やアルバイト先が無くなり困っている方々の受入れを希望する企業等の求人情報を提供する「ひょうごワークシェアサイト」を開設しています。

       

ひょうごワークシェアサイト
ひょうごワークシェアサイト(出典:「ひょうごワークシェアサイト」チラシ)

 

福井県の取組「ジョブシェアリング促進事業」

 福井県では、「福井県雇用シェア促進協議会」を設置し、労働力過剰企業と人手不足企業との間における出向等のマッチングを促進しています。近畿経済産業局は本協議会の構成員となっています。

 新型コロナウイルス感染症等の影響を受けた事業者が、雇用シェアによる一時的な労働移動を行うことで雇用の維持を図った場合、出向元・出向先双方の事業者に応援金を支給します(雇用シェア促進応援金)

3.その他参考リンク集

厚生労働省 在籍型出向支援

厚生労働省 産業雇用安定助成金

このページに関するお問い合わせ先

近畿経済産業局 地域経済部 地域経済課 イノベーション推進室
住所:〒540-8535 大阪市中央区大手前1-5-44
電話番号:06-6966-6013
FAX番号:06-6966-6077
メールアドレス:kin-jinzai@meti.go.jp