トップページ > 施策のご案内 > クリエイティブ産業支援(サービス・デザイン・コンテンツ等) > 関西でのVR/AR/MR活用促進の取組 > ポストコロナを見据えた商店街でのVR・AR・AI活用オンライン討論会を開催します

ポストコロナを見据えた商店街でのVR・AR・AI活用オンライン討論会を開催します

最終更新日:令和3年1月8日

 近畿経済産業局は1月26日(火)、商店街の実店舗以外でも商売を可能にするバーチャル店舗や地域内外の新たな顧客層へのアプローチ手段としてのバーチャルイベントなど、感染対策を取りながら安心して商店街を利用してもらうためのVR・AR・AI等先端技術の活用可能性について検討する討論会を全国に先駆けてオンラインで開催します。

 新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、地域の商業者は感染対策はもちろんのこと、ECサイト等ITを活用したこれまでとは異なる新しい稼ぐ仕組みの構築がこれまで以上に求められています。本イベントでは、現実を超える経験・体験を非接触で提供可能なVR・AR技術や、行動分析による需要予測などを実現できるAI技術等の先端技術の商店街や小売業での活用事例を専門家から紹介するとともに、商店街関係者と専門家を交え、地域商業者がポストコロナを見据えた新たなチャレンジを行う際の先端技術の活用可能性について検討を行います。

 ポストコロナを見据えた新たなチャレンジに向けて、地域の商業者の皆様におかれましてはこのVR・AR・AI等先端技術に触れる機会を是非ご活用ください。
 多くの皆様のご参加をお待ちしております。

「ポストコロナを見据えた商店街でのVR・AR・AI活用オンライン討論会」開催概要

日時

令和3年1月26日(火曜日)13時30分~16時30分

場所

オンライン開催(YouTubeによるライブ配信)

※開催直前になりましたら、お申し込み頂いた方に配信ページをご案内いたします。

主催

近畿経済産業局(事務局:一般財団法人関西情報センター)

参加費

無料

参加対象

地域商業者、商店街関係者、まちづくり関係者、支援機関担当者等

定員

なし

プログラム

主催者挨拶及び趣旨説明
  • 発表者:近畿経済産業局 
パネルディスカッション「新たな稼ぐ仕組み構築のためのVR・AR・AIの活用可能性」
  • モデレーター:株式会社プランニングコンサルタント 代表取締役 大橋 賢也 氏

大橋氏写真

  • 登壇者(予定):下記講師4名、商店街関係者(大阪鶴橋市場商店街振興組合、京都三条会商店街からご登壇予定)

【ディスカッション概要(予定)】

  • 下記講師陣によるバーチャル店舗等VR・AR・AI技術の商店街や小売業での活用事例や最新技術動向、知財の留意点の紹介。
  • 商店街関係者によるテクノロジーを活用した新たな取組の概要や経緯、苦労話の紹介。
  • 上記を踏まえ、継続的に稼ぐ仕組み構築のポイントを議論。
話題提供(1)「オンラインの先にあるもの~小売分野におけるVR/AR/MRの活用可能性~」
  • 講師:株式会社Mogura 代表取締役社長/Mogura VR News 編集長/一般社団法人XRコンソーシアム エグゼクティブ・ディレクター 久保田 瞬 氏

久保田氏写真

話題提供(2)「ビッグデータ要らず!? AIとVRの活用による需要予測・行動分析」
  • 講師:Quantum Analytics,inc CEO 古屋 俊和 氏

古屋氏写真

話題提供(3)「人の五感+コンピュータ=XRが創り出す世界とは?」
  • 講師:大阪大学クリエイティブユニット 准教授 伊藤 雄一 氏

伊藤氏写真

話題提供(4)「XR・AI活用の際の知財面の留意点と知財戦略のポイント」
  • 講師:インテリクス国際特許事務所 所長・弁理士 上羽  秀敏  氏

上羽氏写真

 

本イベントの詳細は、イベントチラシをダウンロードください。

お問い合わせ先

申込方法

以下の事務局ホームページから、必要事項を記入の上、お申し込みください。

お問い合わせ先

  • 一般財団法人関西情報センター イノベーション創出支援グループ
    電話番号:06-6809-2142
    メールアドレス:rstaff@kiis.or.jp

このページに関するお問い合わせ先

近畿経済産業局 産業部 サービス産業室
住所:〒540-8535 大阪市中央区大手前1-5-44
電話番号:06-6966-6053
FAX番号:06-6966-6084