トップページ > 施策のご案内 > 産学官連携 > 「近畿地域産業技術連携推進会議」の取組み

「近畿地域産業技術連携推進会議」の取組み

最終更新日:平成31年4月3日

「近畿地域産業技術連携推進会議」とは?

 産業技術連携推進会議(産技連)は、公設の試験研究機関等(公設試)相互、および、公設試と国立研究開発法人産業技術総合研究所との連携を通して、我が国の産業の発展に貢献することを目的とする組織です。会員機関相互の連携を通じて、各々の試験研究に関わる技術力を高めるとともに、地域の企業と連携する力を高めて、地域におけるイノベーション創出へつなげていくことを使命とします。
 「産業技術連携推進会議」については以下のサイトをご覧ください。

 「近畿地域産業技術連携推進会議」は、この「産業技術連携推進会議」の下部組織として、国立研究開発法人産業技術総合研究所関西センター(以下「産総研」)と近畿管内の主要な公設試で構成された組織であり、産総研と公設試間のネットワークを構築し、地域における中小・ベンチャー企業の技術の向上を目的として、様々な取り組みを実施しています。

「近畿地域産業技術連携推進会議」の取組み

Tech Connect KANSAI事業

   近畿経済産業局は、府県や機関の垣根を越えて、関西一円の産学官金のネットワークで企業の課題を解決するスキームを検討し、ノウハウ化を図るため、「Tech Connect KANSAI」事業(正式名称:平成30年度「産学官金ネットワークによる技術シーズ橋渡し機能強化事業」)を展開しています。本事業に「近畿地域産業技術連携推進会議」 のメンバーも参画し、技術開発支援の充実につなげます。

公設試研究者研修会の開催

 研究者が一堂に会して、日頃抱える問題点や課題について機関を超えて議論をすることで、研究者の幅広い視野と柔軟な考え方を養成するとともに、機関同士のネットワークの構築を図っています。

  • 平成30年度の実施状況
    日程:平成30年12月15日(木)
    場所:地方独立行政法人京都市産業技術研究所

知財担当者研修会の開催

 各公設試・産総研の知財担当者のネットワークを構築し、知的財産の取得・管理・活用の取り組みの充実や、研究成果等の事業化の促進、知財担当者同士の情報交換ができる環境づくりを行っています。

  • 平成30年度の実施状況
    日程:平成30年10月31日(水)
    場所:イオンコンパス大阪駅前会議室

全国鉱工業公設試験研究機関保有機器・研究者情報検索システム について

  経済産業省では、全国の公設試のWebサイトで公開されている保有機器又は研究者情報を検索・閲覧できるサイトを構築しております。

 本システムで検索・閲覧できる保有機器又は研究者情報は、各公設試サイトから定期的にプログラムによる自動収集を行い、 収集結果を本システム内のデータベースに保持しております。 各検索フォームから条件を指定することにより、データベースに保持している 情報を検索し閲覧することができます。(※) 

(※)各公設試サイトの構成によっては、プログラムによる自動収集が行えないため、 本システムでは各公設試サイトが公開するすべての保有機器又は研究者情報が表示されるわけではありません。 また、研究者情報は情報自体を取扱いしていない公設試もあるため、一部機関に情報が限られております。

全国鉱工業公設試験研究機関保有機器・研究者情報検索システムについては以下のサイトをご覧ください。

「近畿地域産業技術連携推進会議」参加機関(11機関)ウェブサイト

このページに関するお問い合わせ先

近畿経済産業局 地域経済部 地域経済課
住所:〒540-8535 大阪市中央区大手前1-5-44
電話番号:06-6966-6011
FAX番号:06-6966-6077