トップページ > 施策のご案内 > 環境・リサイクル > サーキュラーエコノミー(循環経済) > Rethink Design プロジェクト~視点を変えれば、価値がめぐる~

Rethink Design プロジェクト~視点を変えれば、価値がめぐる~ New

最終更新日:令和6年5月16日

 近年、廃棄物問題や気候変動問題等の環境制約、世界的な資源需要と地政学的な調達リスクの高まり等の資源制約に加え、成長機会の観点から、サーキュラーエコノミーへの移行が喫緊の課題となっています。
 サーキュラーエコノミーの実現に向けては、動静脈産業の連携(※)が重要となります。
※経済活動(モノの流れ)を血液循環になぞらえたもので、生産から小売に至る「動脈産業」と消費後のリサイクル等を担う「静脈産業」の連携を指す。

 そこで近畿経済産業局では、令和5年度、先行事例15プロジェクトに対し、調査を実施し、取組が継続し今後加速化させていくためのポイントを「Rethink Design」と銘打ち、調査で得た知見や事例をとりまとめました。調査で得られた示唆として、廃棄物を資源として捉えなおし(Rethink)、組織の垣根を超えてライフサイクル全体で資源循環と付加価値の最大化を目指す(Design)「Rethink Design」が動静脈連携を推進するうえでのポイントであることがうかがえました。

 今後、この調査で得られた示唆の浸透と動静脈連携の実践企業の拡大を目指すべく、当局では「Rethink Design プロジェクト」を推進します。
 本プロジェクトでは、「視点を変えれば、価値がめぐる」をスローガンに、サーキュラーエコノミーの取組に挑戦する事業者等に対し、「Rethink Design」に基づく思考変容と行動変容を促し、循環性の高いビジネスモデルに資する新たなプロジェクトの創出に取り組みます。

「Rethink Design」ロゴ
「Rethink Design」ロゴ

Rethink Designers Report

Rethink Designers Report 2024(令和6年5月16日公表)

 近畿経済産業局では令和5年度、動静脈連携の先行プロジェクトに着目し、目指す方向性やプロジェクトを通じて生まれた新たな価値について、26者、15プロジェクトに調査・分析を行い、本調査で得た知見や事例をとりまとめました。

調査結果のポイント

  • 動静脈連携の先行プロジェクトに共通する特徴として、廃棄物を資源として捉えなおし(=Rethink)、組織の垣根を超えて、ライフサイクル全体でモノを単純に廃棄するのではなく、資源として循環させるとともに、ブランド化やストーリー性の付与等により付加価値を最大化させている(=Design)ことが窺えました。このような示唆を「Rethink Design」と銘打ち、動静脈連携の鍵になると整理しました。
  • また、プロジェクトを継続していくことで、環境に貢献するだけでなく、企業の新たなブランディングや事業展開、雇用、地域でのコミュニティ醸成につながっている示唆もありました。

完全版

Rethink Designers Report 2024
Rethink Designers Report 2024

個別事例(画像をクリックすると個別事例を見ることができます)

廃プラスチックからアップサイクルされたサステナブルなアイウェア
廃プラスチックからアップサイクルされたサステナブルなアイウェア
傘シェアリングサービス「チョイカサ」
傘シェアリングサービス
「チョイカサ」
Osaka Metroクリエイト 廃車再生プロジェクト
Osaka Metroクリエイト
廃車再生プロジェクト
Recycling Meets Design® Project
Recycling Meets Design® Project
環境に配慮した取り組みRideeco
環境に配慮した取り組み
Rideeco
医薬品包装「PTPシート」のマテリアルリサイクル
医薬品包装「PTPシート」の
マテリアルリサイクル
ラベル台紙の水平リサイクル「資源循環プロジェクト」
ラベル台紙の水平リサイクル
「資源循環プロジェクト」
HOTAMET ホタテの殻から生まれたヘルメット
HOTAMET
ホタテの殻から生まれたヘルメット
「で、おわらせないPROJECT」
「で、おわらせないPROJECT」
 Circular Economy Hub
Circular Economy Hub
crQlr Awards
crQlr Awards
 CIRCULAR DESIGN STUDIO.
CIRCULAR DESIGN STUDIO.
MEGURU STATION®
MEGURU STATION®
ひょうごプラスチック資源循環コンソーシアム
ひょうごプラスチック資源循環コンソーシアム
亀岡市の取組から生まれたHOZUBAG Project
亀岡市の取組から生まれた
HOZUBAG Project

令和6年度の取組予定

 CEの取組に認知・関心を高めるために、本調査で得られた知見をセミナー等で広く浸透させます。
 また、CEの取組を実践する事業者や自治体等に対し、お互いの学び・出会いを意識した交流会、プロジェクト訪問ツアー、更なる取組に向けたマッチング支援を実施するなど、CEの取組段階に応じたきめ細やかな支援を実施します。

このページに関するお問い合わせ先

近畿経済産業局 資源エネルギー環境部 環境・資源循環経済課
住所:〒540-8535 大阪市中央区大手前1-5-44
電話番号:06-6966-6018
メールアドレス:bzl-kin-kankyo@meti.go.jp